Google Play Musicファミリープランで支払い方法まで共有されてしまう問題を解決する

シェアする

Voiced by Amazon Polly

Google Play Musicファミリープランを使うと、月額1480円で自分を含めて6人まで音楽ストリーミングサービスを利用できるようになります。
月額500円を追加するだけで自分以外の5人にお裾分けができるためコスパはよくなります。しかし、これにはトラップがあります。支払い方法まで共有されてしまいます。
なおかつ、招待した家族が18歳以上の場合は通知は来るものの、アプリ内購入以外での決済はいくらでもできてしまいます。ファミリーの管理者がこの場合責任を負うことになるため、場合によっては家族内で揉める場合があります。

広告



家族による有料アプリの購入を阻止する

現時点では、Google側で支払い方法の共有を無効にすることはできません。2年ほど前から指摘はされているようですが、結局改善される見込みがありません。
ではどうするかといいますと、ファミリー共有で使用するクレジットカードを残高0のカードに変更してしまうのです。
残高0のカード(プリペイドカードもしくはデビットカード)に変更することで、ファミリーメンバーによる決済を阻止することが可能です。

Google Play Music用の決済手段はファミリーメンバーによる決済と別の方法を設定できるため、この操作によってサブスクリプションの更新ができなくなることはありません。

ファミリー共有で使用するカードを設定するには、次の操作を行います。今のところ、残高がないカードでも設定は可能ですが、将来的に変更される場合があります。

この操作を行うと、ファミリーグループの招待に失敗することがあります。もし失敗した場合は、有効なカードに一時的に戻してください。

1. Google Pay(https://pay.google.com/)にファミリーグループの管理者としてログインします。
2. ハンバーガーメニューもしくは画面左側のメニューから「定期購入とサービス」を選択します。
3. Google Play familyの下にある「管理する」をクリックします。

4. 「お支払いタイプ」の下にある「お支払方法を変更」をクリックし、残高の無いカードを追加、当該カードに設定します。

この操作を行っても、自分自身はアカウントに登録された他のクレジットカードを使用して決済を行うことができます。

支払い方法まで共有したくないが…

現時点では、残高が空のカードを設定することで決済を失敗させる方法以外では対処ができません。聴き放題のサブスクリプションだけ共有したくても、全部共有されてしまう上に有料アプリ買い放題になってしまうのはなかなか面倒な問題であるため、今後修正されることを望みたいです。