SIM2Flyの電話番号シールが剥がされている場合の電話番号の調べ方

シェアする

Voiced by Amazon Polly

SIM2Flyはトップアップして利用できるSIMカードです。
しかし、日本国内での販売業者によっては使い捨てとしての用途しか想定しておらず、トップアップをさせないようにするためにパッケージ外部にある電話番号記載のシールを剥がしてしまうというような事件があるようです。
(ワイズ・ソリューションズさんではそのようなことはありませんでしたが)
基本的に、海外のこの手のSIMカードはSIMカード本体に電話番号が書き込まれていないため、自局の電話番号を端末で直接確認できません(「不明」と表示されます)。


日本の携帯電話は契約時にSIMカードに電話番号が書き込まれますので、こういったことはないのですが、SIM2Flyでこのようなことが起こった場合はどのようにすればよいのでしょうか。

SIM2Flyではトップアップに電話番号が必須なため(そういう仕組みですが)、電話番号がわからなければトップアップができません。しかし、自局の電話番号を調べる方法は存在します。

広告



SIM2Flyの電話番号を調べるには

SIM2FlyのSIMカードに割り当てられた電話番号を調べるには、端末のダイヤラーを起動し*545#に発信します。
発信するとUSSDコードが実行され、画面上に自局番号(0から始まる10桁の数字)が表示されます。タイ王国の電話番号は先頭の0を除くと9桁となります。

開通前でも利用できます。

My AISが使えない

SIM2FlyでMy AISを利用する場合は初回のデータパッケージを有効にしてからでなければ使用できません(開通しません)。初回のデータパッケージを使用開始するまでは、トップアップも電話の発着信もできません。
SIM2Flyをタイ国内で利用できないというのは、このデータパッケージを利用できないことに起因する事象であり、SIMカード自体は利用できます。
また、SIM2Flyを使用して音声通話の発着信、SMSの送受信を行うこともできます。ただし、タイ国外で利用する場合は着信料金がかかる点にご留意ください。SMSの受信は無料です。

携帯電話をローミングして音声通話を行う場合、SIMカード発行事業者の基地局からローミング先の基地局に通話を転送する必要があるため、その分の通話料金が着信側に課金される仕組みになっています。これはAIS以外のほとんどの事業者でも同様の仕組みとなっています。