2,3,4,5時間のスポットブロックの料金の見積もり

シェアする

Voiced by Amazon Polly

AWS EC2では、継続期間を指定したスポットインスタンスを実行できます(https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/spot-requests.html#fixed-duration-spot-instances)。

指定された期間 (スポットブロックとも呼ばれます) で スポットインスタンス を起動することです。これは、中断されず、選択した期間継続して実行されるように設計されています。このようなインスタンスは、バッチ処理、エンコードとレンダリング、モデリングと解析、継続的な統合など、完了までに一定の時間のかかるジョブに最適です。

このスポットインスタンスはスポットブロックと呼ばれ、6時間以内の一定時間で終了するタスクに便利です。

広告



料金の見積もり方

スポットブロックは、指定する時間が長いほど時間単価が割高になります
不必要に6時間を指定すると無駄な料金を支払うことになる場合があります。
いったんスポットブロックを実行すると、その時間単価はスポットブロックを終了するまで変わりません。

時間単価は最初に指定した時間、およびその時点での時価で決定されます。インスタンスの稼働時間は実際の利用時間に基づきます。
6時間を指定したが、インスタンスを2時間で終了した場合、6時間の単価で2時間分の料金が請求されます。

料金表(https://aws.amazon.com/ec2/spot/pricing/)には1時間と6時間の時間しか表示されていませんが、実際には2~5時間の時間単価も設定されています。

1、2、3、4、5、または 6 時間の継続期間を指定できます。支払い額はこの指定した継続期間によって決まります。1 時間または 6 時間の継続期間の現在の価格を確認するには、スポットインスタンス の料金表ページを参照してください。これらの価格を使用して 2、3、4、5 時間の継続期間のコストを見積もることができます。

この料金を見積もるには、次のようにします。

2,3,4,5時間の継続時間で料金見積もり

間の料金を見積もるには、次のようにします。

1. 1時間および6時間の時間単価を確認します。

今回は、東京リージョンでのx1e.32xlarge(Windows)を例に説明します。
価格は刻々と変化するため、実行前に料金を確認してください。

2. 差額を計算します。

x1e.32xlargeを指定継続時間として実行した場合、次のような料金となります。
1時間: $24.517 per Hour
6時間: $31.203 per Hour

従って、差額は$6.686となります。

3. 求めた差額を5等分します。

先程求めた差額は$6.686です。これを5等分します。5等分した後の金額は$1.3372です。

4. 2,3,4,5時間の継続時間の料金を算出します

1時間の指定継続時間の料金に、先ほど計算した数値をあてはめます。
n時間の指定継続時間の料金を求めるには、3.で求めた5等分した後の金額に(n-1)を乗算し、1時間の指定継続時間の料金に加算します。

x1e.32xlargeの料金に当てはめると、次のように時間単価を算出できます。小数第4位以下は四捨五入しています。
1時間: $24.517 per Hour
2時間: $25.854 per Hour
3時間: $27.191 per Hour
4時間: $28.529 per Hour
5時間: $29.866 per Hour
6時間: $31.203 per Hour

スポットブロックの運用について

無駄に長い時間を指定すると単価が高くなり、削減効果が薄くなります。不必要に長い時間を指定することはできるだけ避けてください。
なお、予想に反してタスクが早く終了した場合はインスタンスをシャットダウンすると支出を減らすことができます。指定した時間の単価を元に請求されますが、実行した時間のみに対して請求されます。