アイテムの売買取引における3つの確認事項

シェアする

Voiced by Amazon Polly

オンラインゲームでは、現実を模した独自の商空間ができています。各アイテムが、現実の世界と同様に取引されているわけです。
しかしながら、個人間での取引となる都合上、きちんと確認しなければならないのも事実です。よく確認しないで取引を行っても、それはあなたの責任です。

広告



確認事項について

取引を行うに当たっては、3つの確認事項が重要です。これらは指差喚呼(指差し確認)してでも間違いがないようにしなければなりません。
現実での取引に当てはめれば、分かりやすいかなあとは思いますが……。

次に、3つの確認事項を示していきます。

確認1:アイテムおよび商品の種類

大前提として、取引予定のアイテムが間違っていないかを確認しなければなりません。同じような見た目でも、名前が異なるアイテムがたくさんあります。

現実では……
メロンソーダを買うつもりが、間違ってコーラを買うようなものです。

必ず、一字一句間違いがないかどうか確認してください。同じアイテムでもグレードが異なる場合もあります。このグレードも確認してください。

確認2:数量もしくは単価

いくつ購入するか、内容量はどれほどかを必ず確認してください。

現実では……
商品の内容量を確認してください。500mLペットボトルに見えても、実際には430mL、550mLのような特殊な容量の商品もあります。値札、ラベルを確認して内容量が要求に合致するかを確認してください。

間違いを装って少ない数量で実質的に高くアイテムを売りつけようとする例もあります。冷静になって、数量を確認してください。数量以外に、単価を確認する方法もあります。

確認3:総額

実際に購入するアイテムの総額を確認してください。支払う金額が想定通りか、上記の確認事項とともに確認してください。

現実では……
レストランで、伝票に記載された金額が正しいものか確認します。もし間違っていれば訂正を要求します。

桁数が合っているかも確認してください。1桁間違っているかもしれません。ゼロの数が多い場合は注意してください。

先程のスクリーンショットをもう一度掲示します。

このリストの最も上のアイテムを購入する場合は、確認事項は次の通りになります。
幻神の経験クリスタル()30個、合計1ゴールド30シルバーで購入となります。

このゲーム(幻想神域)においては、数量の間違いが大変多くなっております。間違いがないか、少し立ち止まって確認してください。

取引は、双方の同意をもって行われる

これらの取引は、双方の同意をもって行われます。売り手買い手のいずれも、取引を不成立にする権利はあります。
もし取引に不審な点を感じた場合は、取引を中止できます。

意味もなく焦らせる行為は何か裏があります。押し売りに近い状態となった場合、不審と感じた場合は取引を中止すべきです。
確認不足によるゲーム内のトラブルは自己責任となる面が大きいため、自己防衛が必要です。