低スペックなパソコンでPCゲームはプレイできるのか

シェアする

Voiced by Amazon Polly

こんなツイートがありました。


結論から申し上げると、軽い3Dゲームなら不可能ではありません。ただし、不可能ではないだけです。

やりたいオンラインゲームをお試しする程度であれば安価なパソコンでも構いませんが、本格的にプレイを始めるならば高性能な専用GPUを積んだパソコンが必要です。配信用途に使うのであればなおさらです。

幻想神域やらない?(ダイマ)→https://genshin.x-legend.co.jp/
この記事で使っているスクリーンショットはすべて幻想神域で撮影しています。

広告



低スペックなパソコンで、可能なこと

低スペックなパソコンでも、オンラインゲーム自体は可能なことが多いです。ただし、プレイ可能なだけです。
Core m3やAtom x7のような低性能かつ省電力なCPUを搭載し、小型化したGPD Winというパソコンがありますが、ゲーミングPCという名目で売り出されています。実際に、次の項目で説明する制限さえ受け入れればプレイは可能です。

プレイするだけならGPUがないパソコンでも可能ではあります。ただし、特に重いオンラインゲームでは起動すらしない場合があります。

低スペックなパソコンで、不可能なこと

低スペックなパソコンでは、次に掲げる制限を受け入れなければなりません
高い映像品質画面の滑らかさの確保高解像度でのプレイ。これらを堪能するためには高価なパソコンが必要です。最低でも2桁万円は下りません。
ストレージ(特にハードディスク)が遅いことで、ロードやゲームの起動に長い時間がかかるかもしれません。

滑らかさの確保。これに関しては、スペックが低い場合にカクカクすることになります。高解像度でのプレイ。性能が足りない場合は、妥協しなければならない場合があります。
全画面での表示をあきらめたり、画面がぼやけたりすることがあります。

逆に、解像度が低かったり、低いフレームレートでも受け入れられるのであれば動作はします。ただし、わずかな時間が命取りになりえるFPSでは、フレームレートの低い環境では難しいでしょう。

高い映像品質とは?

ここまで説明してこなかったことがあります。映像品質に関してです。
3Dゲームは、映像をリアルタイムで生成します。したがって、莫大な量の計算処理を必要とします。
多くの映像表現を行えば行うほど、この処理の量は増大します。映像表現を簡略化することで、これらの計算処理にかかる負荷を軽減できます。

実際に画像を見てみましょう。次は、幻想神域でのプレイ画面を2つの設定で見比べたものです。
まず、映像表現を最大設定にしてみます。高い性能を持つコンピューターであれば、このような表現設定も可能です。

次に、これらの映像表現を簡略化します。コンピューターの処理負荷を軽減する設定となります。

草木の表現や影を見れば一目瞭然かと思います。高い解像度、ヌルヌル、臨場感ある映像表現。これらの条件をすべて満たすにはそれなりに高価なパソコンを必要とします。
逆に、これを諦めることができれば安価なパソコンでも可能ではあります。満足できるかは別問題ですが。

なお、上記の設定は極端なものです。実際には多数の設定があり、これらの設定をパソコンの性能に合わせて調整することで両立を図ることはある程度可能です。

ゲーミングPCがなくてもゲームはできるけど…

安いパソコンでもPCゲームはできますが、妥協が必要になります。
今あるパソコンを無理に買い替える必要はありませんが、新しくゲーム目的でパソコンを購入する場合は安価なパソコンを安易に選択することはお勧めしません。