時間貸しVPSの無料転送量でズルをすることはできない

シェアする

Voiced by Amazon Polly

時間貸しVPS。DigitalOceanやVultr、Linodeがありますが、こうしたVPSでは月間で一定の無料転送量があります。
無料転送量があるということは、インスタンスを立ち上げれば月間の転送量を丸ごと獲得できるのでしょうか。いいえ、そうではありません。

1時間だけインスタンスを立ち上げて1カ月分の無料転送量を獲得するようなズルはできない仕組みになっています。

広告



無料転送量の獲得に関して

獲得できる無料転送量に関しては、これらのVPSでは時間割りとなります。つまり、払った分、つまり起動した時間分だけ無料転送量が獲得できます。
これらのVPSは、1暦月で672時間の起動を行うと月額上限金額に到達します。従って、1時間のインスタンスの起動で獲得できる無料転送量は、月間転送量の672分の1です。1暦月で672時間起動させると月額上限に到達し、無料転送量も1カ月分が付与されます。

獲得する転送量よりも消費が速い場合

1時間で、1カ月の672分の1の転送量を獲得します。しかし、場合によっては一時的に大量のデータ転送を行い、獲得する転送量より消費量が多くなる場合があります。
この場合、請求書には一時的に追加料金が表示される場合があります。しかし、その後の無料転送量の獲得によって、1暦月の転送量が無料転送量の枠に収まれば追加料金は請求されません。

途中でインスタンスを消した場合

途中でインスタンスを消した場合、無料転送量の獲得は停止します。その時点で、消費した転送量が獲得した無料転送量を上回っている場合は、追加料金が請求されます
従って、インスタンスを消すよりもそのまま稼働させるほうが安くなる場合もあります。

転送量の持越しに関して

原則として、獲得した無料転送量を次の暦月に持ち越すことはできません。また、月間転送量の算定も暦月単位です。従って、毎月1日にこれらの数値はリセットされます。リセットされる時間は事業者により異なります。